pH(ペーハー)

水素水にかぎらずミネラルウォーターなどの成分をよく見てみると、その成分表示には、「pH」という文字がかかれています。これは、ペーハー値というものです。

 

水素水にもこのpH(ペーハー)値が表示されていることがありますが、この値は0〜14の間の数値で表されています。

 

この値の基準値は

  • pH7.0より数値が大きいとアルカリ性
  • pH7.0が中性
  • pH7.0より小さいと酸性

なんですね。

 

この値は、リトマス紙などを利用してはかることができます。おおよそ水に溶けて電気的な性質を持つ全ての物質のことを、電解質といいますが、こういった水溶液中で、酸性またはアルカリ性の性質を測定するために数値化しものpH(ペーハー)という値です。

 

人間は7.35〜7.45の弱アルカリ性といわれています。
だから、還元水素水を飲むときは、体にそれほど負担がないように飲むことができるpH値は7.35〜7.45の弱アルカリ性に近い値をえらぶと自然にちかいですね。

 


水素水のpH(ペーハー) 関連ページ

「ppm」とは