水素水の成分

水素水に含まれる成分は「水素」です。水という液体に水素という気体を大量に入れることによって、水素という見えない気体が人間の体に入り込んできます。
これによって、いわゆる抗酸化作用という水素の効果(抗酸化としての水素)が発揮されるのです。
このように、水素水の成分は、「水素を溶かし込んだ水」というシンプルなものですが、水に水素を飽和状態まで溶かした水で電気分解されたものなのです。水中に水素を発生させる中性水素水といわれるものが一般的に販売されている水素水です。

 

水素水には、「アルカリ水素水」「電離水素水」などという種類のモノもありますが、基本的に水のなかに大量の水素が入っている、ということはかわりがありません。

 

水素の効果は悪玉活性酸素とだけ結びつくという性質があります。そのため、エネルギー代謝の向上が大きな水素の効果で、活性酸素を引き起こす症状を改善したり、血管や肌、脳などを活性酸素から守り、若々しさを維持してくれます。

 

水素水の成分はすいそですが、口当たりはまろやかでミネラルウォーターと同じような感覚です。