水素水と普通の水の違いは?

水素水と普通の水の違いは何でしょうか

水素水と普通の水の違いは効果にあらわれます。

 

ところで、老化の原因の一つは活性酸素です。
活性酸素とは、強い酸化力を持った物質で、体内の細胞や組織を破壊していく作用があります。

 

若い時は体内に活性酸素を中和する働きがある物質を分泌できていますが、歳をとっていくとこの物質が少なくなるために、活性酸素の害を受けやすくなり、老化が進むと言われています。

 

そこでアンチエイジング対策として、活性酸素を除去する働きがある成分を食事やサプリメントとして摂ることが勧められています。テレビ番組で紹介されたこともあり注目されているのが、水素水です。

 

水素水は、普通はほとんど含まれていない水素分子を多く含んでいるという点が、普通の水とは違います。体内に入った水素分子は、活性酸素と反応して、活性酸素を無害な物質に変えます。

 

水素水については、多くの大学病院で研究されており、人工透析患者の炎症を抑えることや脂質異常症や糖尿病予備群での血糖改善効果が報告されています。医療機関で使われている濃度とまではいきませんが、水素水は多くのメーカーから発売されています。水素水を飲むことでダイエット効果も期待できるとうたっている商品もあります。

 

製品によって含まれている水素濃度が違いますので、商品を選ぶ際には注意が必要です。

水素水人気ランキング