水素の含有量が重要

最近、健康や美容によいと話題の水素水は、水に水素ガスを溶かしたものです。それだけ?と思うかもしれませんが、この水素には、人間の老化や病気の原因となる活性酸素を減らす作用があるのです。

 

その活性酸素と、水素水の含有量は密接な関係があってとても重要なんです。

含有量

 

活性酸素とは、体内に存在する酸素の一種ですが、エネルギー的に不安定な状態で存在しているため、周囲の細胞を酸化させることによって安定化しようとします。

 

この活性酸素によって周囲の細胞が酸化されることで、体の老化が進行し、また、体の機能が低下して病気の原因となります。例えば、肌がくすんできたり、しみが出てきたり、という現象の1つの原因は、活性酸素による酸化にあります。

 

水素水を体内に取り入れることで、これに含まれる水素が体内の活性酸素と結合するため、活性酸素の量が減少します。なお、水素水自体、人間には全く無害なものです。また、水素と活性酸素が結合した場合でも水が発生するだけですので、健康に何ら影響を与えません。

 

上記の効果を得るには、水素水の中の水素の含有量が重要です。水素の含有量は商品によって様々であり、1.0ppm前後の含有量のものが多いですが、中には、7.0ppmも含まれているものもあります。