相続不動産の分割

不動産を分割するというのは、
「登記上1つの土地になっているものを複数の土地に分ける」ことです。


これを分筆といい、相続による遺産分割で土地を分けたい場合、分筆登記を申請することになります。

 

分筆登記を申請するには、分筆する前の土地全体を測り、隣接地所有者と土地の境界の確認をした後に登記申請をすることとなります。

測量や分筆登記に関しましては、当グループの土地家屋調査士がお手続きをすすめさせていただきます。
1筆の土地を何人かの相続人で分けたい場合は、ぜひご相談ください。

もう少し詳しく…

このような悩みもある場合は…
相続人の中に未成年者がいた場合
相続についてもめている場合
相続人の中に行方不明の方がいた場合