相続した不動産の名義変更をしたい

土地・建物の名義変更とは

亡くなった方の名義になっているご自宅の土地・建物などの不動産について、相続人の名義に変更することです。

ご自宅の場合、名義変更をしなくても特に不都合が生じないため、放置されているケースも少なくありません。しかし、放置しておくと、その間に相続人まで亡くなられて更に相続が発生し、相続人が芋づる式に増えてしまうことになります。そうしますと、縁が(ほとんど)ない遠い親戚の方にも手続に協力してもらわなければならなくなります。
中には手続に協力してもらえないため、名義変更をすることが出来ない場合もあります。

そのようなことにならないように、また、被相続人が天国で安心出来るように、不動産の名義変更は早めに行いましょう。

手続が複雑で面倒な場合や、忙しくて時間が取れないような場合は、私たちがお客様に代わって手続きを行います。お気軽にご相談ください。

このような悩みもある場合は…
相続人の中に未成年者がいた場合
相続についてもめている場合
相続人の中に行方不明の方がいた場合