水素水の扱いには熱に注意

体内の活性酸素を抑える働きがある事で、高い注目を集めているのが水素水です。

 

活性酸素とは、呼吸で体内に入った酸素がエネルギーを生み出す際にできる燃えカスのようなもので、周りの細胞を酸化させる働きがあり、この活性酸素が貯まると、体はどんどん老化していく事になります。

 

その活性酸素は、呼吸の他、紫外線によるストレス等、様々な原因で生まれては体内に溜まっていきます。

 

水素水に含まれた水素は、とても小さな分子の為、水と一緒に飲むと体の細胞の奥にまでしっかりと染み渡ります。そして、そこにある活性酸素と結びつき、無害な水へと変わります。

 

使われなかった水素は、呼吸と一緒に体外に排出されるだけなので、水素水は活躍してもしなくても体に無害なのが大きな特徴の一つです。
そんな水素水を飲む際に気をつけたい事が、熱を加えない事です。

 

熱を加えると、水の中に溶け込んだ水素が蒸発して消えてしまう事になります。ですから、水素水を摂取する場合は、温めず、そのまま飲む事が大切になります。

 

保存の際も、冷蔵庫に入れて保存する事などを心がけましょう。水素スティックなどを使うと、自宅で簡単に水素水を作る事ができますが、その際も、作る際や飲む際には温めない、保存は冷蔵庫で行う等、熱に対する注意は必要です。