水素水を使った治療

水素水は最近話題になっており、美容やダイエット・健康のために良いと言われています。

 

水素水は、水素分子を含んだ水のことを指し、無味・無臭・無色のため見た目では一般水とほとんど見分けはつきませんが、水素の働きで体内の細胞が活性化され、代謝機能が向上します。そして、このことが美容やダイエット・健康に効果があるという訳です。

 

水素水を使った治療でよく知られる病気は、パーキンソン病です。この病気は、脳の黒質にある神経細胞が変質・脱落することにより現れる疾患で、原因がまだはっきりと解明されていない病気です。

 

破壊

現在最有力とされている説として、活性酸素による神経細胞の破壊が挙げられています。活性酸素は、過度のストレスやはげしい運動、紫外線や病原菌・ウイルス、大気汚染などにより体内に発生します。

 

ですから、パーキンソンの治療には、活性酸素の除去に有効な抗酸化物質が必要と言われています。水素水は、分子が小さく脳関門を通過することが可能で、脳の細胞に浸透して酸化を還元できる数少ない抗酸化物質となります。

 

また、水素は細胞そのものに浸透するため、関節や軟骨などの血管の無い部位にまで到達します。しかも薬物療法とは違い無害であるため、副作用の心配もありません。