臨床実験での水素水の効果について

人間の体が活動のためのエネルギーをつくる過程で酸素を消費した際には、活性酸素が発生します。

 

この活性酸素は細胞を傷つける性質があり、溜まりすぎると体に様々な悪影響を及ぼします。それを除去するのに一役買ってくれるものとして、水素水が注目されているのです。

 

水素水は水素ガスを含んだ水のことで、この水素ガスが体内から活性酸素を除去し、細胞をダメージから守ることから、癌の治療やしみ・くすみなどへの効果が期待されています。近年では美容や医療の分野で取り上げられることも多く、認知度も高まってきているようです。

 

しかし、水素水の効果はアメリカなどの臨床実験で既に証明されてはいるものの、それをどこまで応用できるかについては研究が進められている状態です。

 

巷の宣伝等には水素水を万能のもののように表現しているものが見受けられるほか、水素ガスを含んでいない商品を水素水として売り出している場合もあります。「効果がある」ということが確かだとしても、センセーショナルな謳い文句に対しては個々人の判断が重要になってくるでしょう。

 

今後も新たな臨床実験によって水素水の様々な効果がわかってくることでしょう。そのような臨床結果の発表に期待しつつその都度、適切な使用方法を考えたいものです。