脳梗塞予防に水素水は役立つ

脳梗塞は、脳の血管が血栓により圧迫され、そして詰まってしまうことが原因で発生します。血管に血栓が出来てしまう原因は、血中の中性脂肪の量の上昇や、血液中に流れる糖の量が増えてしまうことが原因です。

 

血中の中性脂肪や糖が増えてしまうのは、内臓の機能が衰えているからです。特に肝臓では脂肪の分解を行う大切な内臓です。

 

内臓機能

肝臓が弱ってしまうと、体内で効率良く脂肪を使用することが出来なくなってしまうために、余った脂肪は血液中に溜まってしまうことになります。それが原因で、血液中に脂肪が溜まってしまい、血栓を作ってしまい、そして脳梗塞になってしまうのです。

 

水素水が脳梗塞に役に立つのは、この肝臓の働きを元に戻してくれるからです。

 

肝臓ではエネルギーを作る時に活性酸素を発生します。そしてこの活性酸素は肝臓を攻撃してしまい、そして肝臓を疲労させてしまうのです。水素水はこの活性酸素を消去してくれます。

 

肝臓から活性酸素を守ってくれるために、肝臓の働きを元に戻してくれるのです。そして効率良くエネルギーを作り出すことができるので、体内の脂肪を燃焼してくれるのです。

 

このようなことから、水素水は肝臓の機能の改善に役立ってくれるので、脳梗塞に効果を発揮してくれるのです。