水素水が成人病の治療に役立つ効果がある!

空気には20%の酸素が存在します。
酸素は、生物が生命を維持するために不可欠な要素でありますが、酸化作用を引き起こす性質も持っており、鉄を腐食させる酸化作用は人体の中でも発生します。

 

呼吸の過程で体の中に流入した酸素は食べ物を燃焼することになり、その過程で約2%の活性酸素が発生することになります。
殺菌作用を持つ活性酸素は体内に役立つ必要な物質でもありますが、過剰に発生すると問題が発生し始めます。

 

過剰に発生した活性酸素は体の遺伝子を破壊したり形を変形させ、がんなどの病気を引き起こすリスクをもたらします。水素水は活性酸素を除去することで、活性酸素により発生する様々な疾患を治療する優れた効果があります。

 

水素水の活性水素が体内にある活性酸素と結合し、無害な水に変化して体外に排出させます。 また、水素分子は水の分子よりも小さく、水が届かない血液細胞や脳まで浸透できるので、水素水を飲むことにより、糖尿病や脳梗塞、動脈硬化の治療にも効果的であります。

 

体内の浄化作用や免疫力を強化するなど、様々な病気の予防と治療に優れた効能を持っている水素水は、皮膚細胞にも元気を与え、美容効果や老化防止にも効果が期待されています。