パーキンソン病自体が不治の病?

パーキンソン病とは、主に中年といわれる40歳以降に発症する原因不明の神経変性疾患です。神経伝達物質のドーパミンが減少するといわれていますが、実際には根本的な原因がわかっているわけではない病です。

 

このパーキンソン病は、不整脈が結果としてでてくるのですが、電気治療できないので、水素水を飲むことによって症状を和らげることができるのではないか、と考えれています。薬が効かない病で、痺れや震え 傷みがでてくるので、水素水といった自然の役割を利用して治療に役立てています。

 

ただ、水素水の効果自体に医学的な根拠がない、ということで反対している方がいます。その方々のおっしゃる理論は、「水素水は宣伝しているだけ」などと自分での効果は一切試さずに言っているのが現状です。

 

水素水の効果は、実際に医療現場でも治療に役立っていて、これからの高齢化社会でもとても効果があるとして期待されています。薬物による治療ができない病は、アルツハイマーやパーキンソン病のみならず多数ありますが、水素水で一定の効果が出ているのは、日本医科大学の太田教授の発表や、水素を含んだ水の脳神経疾患に対する飲用効果を検証をパナソニックと大学の共同研究で発表されていることにもあらわれています。

 

水素水を使ったパーキンソン病モデルの研究では、医学的生理学的に理論が解明されていないからといっても、実際に研究でかなりの効果がでており、水素が体にいいことが実際に使用した方が多数いることからも証明されているところです。

 

水素水は、パーキンソン病のような不治の病にすべての人が「治る」のではなくて、「効果がある」といっている点では個人個人の違いがあります。