抗酸化作用の大きい水素

抗酸化とは、活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防や老化を抑える効果のある、体の中を錆付かせないようにすることです。水素には、「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)があります。

 

抗酸化作用に関して水素は科学的には究極の還元剤といえます。だから、体内で起きる生化学反応で、体に水素を取り入れれば、体内の酸化が水素で抑制されるのは、中学生レベルの知識でもわかります。

 

コンビニでの加工食品、レトルト食品などのカンタンにできる食品などのストレスによって、活性酸素が発生しやすい食事環境にある現代。だからこそ、現代の私たちは意識して抗酸化物質を摂取する必要があるんですね。

 

抗酸化物質としては、ポリフェノール、βカロチンやビタミンなどもあるのですが還元する力が強烈なためカラダに必要な善玉活性酸素までをも還元してしまうんです。悪玉活性酸素だけを還元し、体内に浸透するのは水素だけと言われています。

 

抗酸化作用の高い食品やサプリメントを取ると体の本来の機能を低下させないようになりますが、その中でも水素水を摂取することは、「抗酸化作用」の効果があらわれやすいのです。