放射能対策としての水素水

病気やアンチエイジング、ダイエットなど様々な分野での効果が注目されており、水素濃度が高いほど効果があるとされている水素水ですが、実は放射能対策にも役立つとして現在注目されています。

 

そもそも放射能が体に悪影響を及ぼす理由としては、体内に取り込むと体の水分と反応して活性酸素を発生させるからです。

 

では活性酸素とは一体何か。その正体は酸素が変質化したものであり、シミやしわに加えてガン、白内障、糖尿病や動脈硬化、生活習慣病などといった大変な病気を引き起こす原因だと言われています。老化の原因だという説も挙げられているほどです。

 

この活性酸素自体は普段の呼吸でも出てきますが全く気にしなくていいほどであり、主に紫外線やストレス、たばこ、排気ガス、殺虫スプレーといった体に悪いものが原因で体に発生、体を蝕んでいきます。

 

それに対し抗酸化作用が高い成分のある水素水を摂取することで活性酸素を取り除き、破壊されてしまうDNAの数を減らすことでサビ化した体を元に戻すことができるので、水素水は放射能対策の一つとして候補に挙がるわけです。

 

各地の大学が行ったマウスによる被曝と水素水に関する実験の研究結果によると、被曝したマウスに普通の水と水素水をそれぞれ飲ませた結果、水素水を飲んだマウスの死亡率が圧倒的に低いことがわかりました。様々な研究の結果を見てもいかに健康に良いかがわかることでしょう。