おいしくなる効果

人間の体内の活性酸素の除去に貢献し、様々な健康効果をもたらしてくれる水素水ですが、近年の研究では、野菜や果物などの青果を食べるときに活用すると、人間にとって有益な効果が得られることがわかってきました。

 

たとえば、化学物質に対する還元力が強い物質である水素がたっぷり溶け込んでいる水素水は、化学物質を取り除く力も強いといわれているので、食べる前に青果を丁寧に洗浄することで残留農薬を取り除く効果が期待できます。
特に、青果の栽培では頻繁に農薬を使用することが多いので、食べる前に水素水で洗浄することによる効果は大きいといえるでしょう。

 

また、水素水には、収穫されてしばらく経過した青果でも美味しくする効果があるといわれています。
青果は収穫すると細胞が徐々に酸化していくため、時間の経過とともに鮮度低下や品質の劣化が進行していきます。
水素には酸化した物質から酸素を奪う性質(還元力)があるため、食べる前に野菜や果物を浸しておけば、こうした酸化による鮮度の低下や品質の劣化を改善してより美味しくする効果が期待できるというわけです。

 

このような水素水の効果についてはまだまだ研究段階なので、実際にどの程度の効果が得られるかは明確ではありませんが、お子様への残留農薬が心配で少しでも安全な食事を美味しく食べさせたいという方にとっては、自己防衛の手段として活用する価値はあるといえるでしょう。

 

なお、野菜や果物の洗浄に利用するときには、より多くの水を利用できる水素水サーバーや整水器が便利です。
最近はリーズナブルな料金で利用できるものも増えているので、特に野菜を頻繁に食べる方は検討してみてもよいと思います。