無料相談受付中!

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

相続の専門家が対応

司法書士・行政書士・税理士・弁護士など相続の専門家が対応いたします。

休日対応

平日に相談できない方は、土日・祝日も相談できます。
(要予約)

オンライン相談可能

スマホやPCでオンラインでの相談を受け付けております。

原則は遺言書が優先します

父がこっそりと作っていた遺言書が、死後出てきた場合どうすればよいでしょうか?
相続人である私たちが話し合って、父が書いた内容とは違う内容で財産を分けてもよいのしょうか?

遺言書に記載されている事は、お父様の最後の意思を書面にしたものですので、当然遺言書に書かれている内容どおりに、相続人の方は、お父様の財産を分けなければなりません。

遺言書が優先します。

しかし、遺言の内容が全ての相続人の意向とは全く違っている場合もあります。

その場合でも、一度遺言どおりに不動産の名義を変えて、その後に売買や贈与などで再度名義を変更するような手間は煩雑です。

そこで、相続人全員が了解するのであれば、遺言の内容とは異なる遺産分割も可能です。

ただ、相続人以外の第3者が遺言書で財産を譲り受けられている場合、その方が同意するかどうかは微妙です。

同意するということは、遺言による贈与を受ける権利を放棄することを意味します。
一方、遺言執行者が別に指定されている場合には、前もって遺言執行者の了解も得ておくことも必要です。

何故なら、遺言執行者の任務は遺言の内容を実現することであり、相続人は遺言執行の妨害はできないからです。

また、遺言の内容と異なる遺産分割協議をした場合、贈与税が発生する余地があります。遺言でたくさん相続する予定の人が、少なかった人に贈与したと判断されるからです。

無料相談受付中!

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

相続の専門家が対応

司法書士・行政書士・税理士・弁護士など相続の専門家が対応いたします。

休日対応

平日に相談できない方は、土日・祝日も相談できます。
(要予約)

オンライン相談可能

スマホやPCでオンラインでの相談を受け付けております。